【1年目看護師】に対する適切な指導方法とは?

こんにちは。

なすかわです。

今日は、適切な後輩指導とは?について考えてみます。

f:id:Michael-ns:20210820122933p:image

昔の痛い思い出・・・

僕は看護師3年目となり、徐々に教えられる立場から教える立場へ移行してきています。

仕事にも若干の余裕ができてきました。

たまにふと、1年目の時を思い出します。

そして先輩のあの言葉を同時に思い出します。

皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

『これ、調べておいてね。

そして調べてきたことを発表すると、

『これで患者さんに生かせるの?』

『もう一回調べてきて。』


(⌒-⌒; )ウゥ・・

胃が痛くなる・・・・

誰でもこんな景色は頭に思い浮かぶのではないでしょうか。

先輩の言うことはわかります。

「分からないこと」が「分からない」1年目

ただ答えを求めるのではなく、調べる過程が大事。

だから「調べてきてね。」と言うのは良好な指導だと思います。

ただ、その先が問題だと考えます。

1年目はこう思います。

『調べても結局答えがわからん!

調べても先輩の質問の答えがわからないことはよくあります。

そりゃそうです。

最初は何がわからないのかが、わからないのですから。

3年目になった今、後輩が同じように悩んでいるのを目にします。

何がわからないのかがわからないんだろうな。と思います。

指導するのは、先輩の責任

ではどんな指導をすれば良いのか。

僕のこう思います。

「最初は自分で調べる。それでも深く理解できなければ、

8割先輩が教える。そして残りの2割をまた自分で調べるように促す。」

繰り返しになりますが、結局1年目は何がわからないのかがわからないんです。

調べてもわからなければ、それは先輩が責任を持って教示するべきです。

それを放棄して、ただ「調べてきて。」しか言わない先輩、

きっとその先輩も、その症状について何も理解してません。

3年目になってそう思うようになりました。

ちゃんと勉強している人は、親身になって後輩に詳しく説明をする。

勉強していない人は、ただ先輩風を吹かせているだけ。

どちらが信頼されて、より力をつけていくかは明白です。

僕は前者でありたい。

皆さんはどう思いますか?

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました